ライン

占星術について −占星術はミクロコスモスとマイクロコスモスの融合−

ライン


雑誌やTVなど、あらゆるメディアに掲載されており、いやでも毎日のように目や耳に入ってしまう占いではないでしょうか?

老若男女問わず、自分が何座生まれか知っている人も多いのですが、実際には10個の天体で表されており、そのうちの太陽にあたる星座が、日常に言われている○○座というもので、私達の性格・運命の約30%を司っています。

また、雑誌によって星座が始まる日付けが違うことに、気づかれているかたも多いのではないでしょうか?
地球から見て太陽が何座に入るかが毎年違うため起こる問題ですので、微妙な人は確認したほうがいいです。

これからご紹介する占星術は、単に「何座生まれ」だけではない奥深い世界と、その人の生き方や指針が表されています。
そのしくみをさわりだけですが、ご紹介しましょう。

占星術の歴史出生図とは星座の意味天体の意味ハウスの意味座相について



占星術の歴史

人類が文明を築き始めた頃から、星は人々に夢とロマンを与えてきました。

紀元前2500年頃には月による暦が作成され、さらに日食や月食は国にとっては凶とされ、大きな脅威と考えられました。紀元前1900年頃のバビロニアで は、月食が及ぼす国と王の運命を予言し、紀元前650年頃、アッシリアのアッシュルバニパル王の時代には、国の全土で天文観測をさせ、食を予測していたと いいます。又、紀元後には、中国でも同じように日食・月食の観測をしていたとされています。食はご存知のように、地球の地点で見える場所と見えない場所が あるため、予測していてもその地点からは見えない、といったことは当然起こるのですが、予測が外れる(食が見えない)と「王の力が絶大であったから跳ね除けられた 」とされたようです。

どちらかというと、古代は国の運命を占うものとされていましたが、個人の運命を把握する道具となったのは、紀元前3世紀頃のバビロニアとされていて、5惑 星での観測もされていたようです。ちなみに、現存する最古の個人の出生図は、バビロニアで出土し、惑星の位置から紀元前410年4月29日のものと推定さ れています。

現在の黄道12宮は、バビロニアで独自のものが確認されていました。その後、海を越えローマやギリシャへ渡り、神話と結びつき、現在の星座が当てはまりまし た。その最古のものは、エジプトのデンデラ神殿に作られたもので、ローマ支配下に入ってからの作とされています。
現在、デンデラにあるのはコピーで、本物 はルーブル美術館に飾られています。 現在のような星占いは、紀元後に書かれたローマのマルクス・マニリウスの『アストロノ ミコン(邦題:占星術または天の聖なる学 白水社)』とギリシャのプトレマイオスが書いた『テトラビブロス(英訳のみ)』がベースとなり、ピタゴラスやト マス アクィナス、ユングなどの歴史上の有名人らも占星術のとりことなりました。
そのなかでも、医者であり哲学者であったヒポクラテスは「患者のホロスコープを 解読できない者に、医師の資格はない」とも言っています。

占星術はキリストの迫害にあい地下に埋もれた時代もありましたが、天王星以降の天体の発見により 発展し、世界各地で親しまれ、現在に至っています。


日本での占星術は? と言いますと、平安時代に唐にに渡った僧侶を通じてテトラビブロスの漢訳が入ってきます。
お経の本だと思い訳してみたらビック リ!? 中身は占星術の本だった、というわけです。実際、これを使って天文観測をし、占いをしたようですが、めんどくさいためか以降廃れてしまいます。

それから約1000年経った1914年、文部省視学官として留学していたヨーロッパでシュターナーの人智学と出逢い、イギリスで「近代占星術の父」と言わ るアラン・レオやセファリアルから占星術を学んだ隈本有尚が、『天文ニ依ル運勢豫想術』を出版。日本でようやく本格的な占星術が開始されます。
ちなみに、この、隈本有尚。夏目漱石の名著「坊ちゃん」に登場する数学教師「山嵐」のモデルとなった人物でもあります。

↑戻る

出生図とは

「人間というミクロコスモスと、宇宙をまわる天体のマクロコスモスは比例する」という、哲学の上に成り立っています。

占星術をするのに必要なのは、個人の出生年月日はもとより、生まれた場所、出生時間 が必要です。このデータをもとに、生まれた時の星の配置を表にした出生図(チャート とか ホロスコープ ともいいます)を作り、解読していきます。
ホロは「時間(英hourアワーの語源)」、スコープは「見る」というギリシャ語が合体したものが、ホロスコープ=出生図 の語源です。

時間が解らない場合も占えますが、この場合は曖昧なものとなります。
この世に生まれたあなただけの運命・運勢を把握するものですから、これだけの面倒なデータが必要になるのです。年月日が一緒でも生まれた時間や場所が違うとこの出生図も違ってしまい、別の運命になってしまいます。

下の絵は松田聖子(1962年3月10日午後5時5分 福岡生まれ)さんの出生図で、生まれた時の星の配置を写し取ったものです。

なんだか複雑で、いろいろ記号と線が並んでますが、この意味不明な記号たちが運命の指標となり、性格や今後起こりうること、または結婚相手とか恋愛の時期、適職などをこっそり教えてくれたり、私たちに無意識に働きかけ、周囲の状況を嘘のように変えたりします。
次から、その解読法を説明します。

↑戻る

星座の意味

星座は部屋のインテリアのような存在で、ギリシャ神話が由来です。

黄道にならぶ12個の星座に太陽系の惑星(太陽〜冥王星)がどこに位置しているか?というのがポイントです。
実際の夜空にまばたく星は1星座の幅はまちまちですが、西洋占星術ではひと星座を30度に区切ります。
出生図に19と書かれた数字は度数で、松田さんを例に取ると生まれた時、太陽は魚座の19度にあると見ます。


牡羊座 
一番初めの星座です。この羊は雄で荒々しく荒野を駆け回ります。正義感も非常に強く、これと思ったら猛烈に前進していくところがありますが、熱くなりすぎて周りが見えなくなってしまうこともあるようです。

牡牛座
ゆっくりと歩き、おっとりとした性質を持つ雌牛の星座です。動き回るより今居る自分の場所を大切にし、じっくりと信頼を得て頂点を目指します。物を大切にする性格で、美しいものやおいしいものが大好きです。

双子座
双子の兄弟の姿です。 コミュニケーションをとるのが得意で、初対面の人ともすぐにうち解けられます。知識は豊富ですが、浅く広い傾向があります。また、欲張りに同時に2つを進行させることもあるようです。

蟹 座
母性本能が強い家庭的な星座で、冒険をせず堅実に守っていくイメージです。感性が豊かですが、時々感情的になりすぎることがあるようです。食べることが好きで、料理も得意な人が多いようです。

獅子座
百十の王である雄のライオンの星座です。プライドが高く行動力もあり、目立つ存在感でリーダーシップの才覚もあります。ダイナミックでドラマチックな生き方を好み、自分らしい表現方法を大切にします。

乙女座
折り目正しくきちんとした、清楚なイメージを大切にする星座です。思春期の乙女のような繊細な感性を持つため、デリケートで傷つき易い面もありますが、細かいところにまで目が届く人です。

天秤座
天秤のようにバランスを大切にする星座です。自分より人を大切にする傾向が強く、周囲への配慮は欠かしませんが、個性が無いとみられがちですが。クールで知的で都会的なイメージです。

蠍 座
夜のイメージを持つ星座です。おとなしそうにみえますが芯が強く、直観力が豊かです。あまり話しをしない傾向がありますが、心の奥には大変深い情熱を秘めています。

射手座
上半身は人間、下半身は馬の姿の星座です。空を飛ぶ矢のように一直線に情熱を傾ける、行動的で自由なイメージを持ちますが、興味を失うのも早いのが欠点です。束縛を嫌い、好奇心も強いです。

山羊座
牡羊座は雄でしたが山羊座は雌羊の星座です。中途半端を嫌い、無理のない計画力と慎重さを兼ね備え、頂点を目指します。まじめな人が多いせいか、近づきづらい雰囲気をもたれてしまうようです。

水瓶座
水瓶を持つ美少年の姿の星座です。クールで知的な雰囲気がありますが、先進的で独創的な考え方を好むせいか、周囲の人と意見が合わないこともあるようです。

魚 座
2匹の魚がモチーフの星座で、心が優しく、争いや喧嘩を好まない性格です。同情心があり、困った人を放っておけない性格の持ち主ですが、その優しさにつけ込まれることもあるようです。

↑戻る

ハウスの意味

宇宙にある、12の部屋(ハウス)たち

星座というインテリアの部屋は、全部で12室あります。 ハウスは星座の意味も踏襲しており、牡羊座は1ハウスの意味と共通しています。

1ハウス

本人の性格や気質や容姿を表し、自分自身がテーマです。

2ハウス
金銭問題がテーマです。

3ハウス
兄弟など近しい人との関係、教育、旅行などがテーマです。

4ハウス
家庭環境や晩年、無意識の癖などがテーマです。

5ハウス
娯楽や恋愛など、個人的な楽しみがテーマです。

6ハウス
健康や仕事などがテーマです。

7ハウス 結婚や他人との関係など、パートナーシップがテーマです。

8ハウス 死や性、財産がテーマです。

9ハウス
海外や法務問題、高等教育などがテーマです。

10ハウス
天職やキャリアなど、仕事がテーマです。

11ハウス
友人や希望、サークル活動などがテーマです。

12ハウス
見えない敵や潜在意識などがテーマです。

↑戻る

天体の意味

私たちに影響を及ぼす、太陽系の天体たち

宇宙にちらばる星々は、私たちに影響を及ぼします。その中でも大きい太陽系の10天体は、特に重要です。

太陽
全ての生命体の核とも言える太陽ですが、個人の運勢上でも一番重要で、影響力のある天体です。バイタリティーや自分自身、本人の意思や方向性などを表します。


太陽の行動力に対し、感情や気分などを表します。これは、幼少期に受けた母親からの影響を大きく反映しているようですし、その人の母親を示す天体でもあります。

水星
太陽をまわる公転周期は約88日と早い天体です。知性や意思の伝達、人とのコミュニケーションの仕方や話し方、思考回路を表します。

金星
愛の女神ヴィーナスは、約225日かけて太陽のまわりを一周します。女性にとっては愛情表現、男性にとっては好みの女性のタイプを表します。また、愛だけではなく金銭も意味します。

火星
女性にとっては好みの男性のタイプ、男性にとっては恋のアプローチの仕方を示します。また、行動力や闘争心、適職や仕事などを表します。

木星
1星座を約1年で通過する、一番大きな天体です。幸運や拡張、発展、拡大、名誉などを意味します。


上記までは比較的公転周期が早い天体ですが、これからご紹介する天体は公転周期が1年以上と長く、同世代の人たちは同じような位置になります。回転は遅くても影響力は非常に強く、上記の早い天体と結びつくことで個人に影響を与えます。

土星
1星座を約2.5年で通過します。規律や堅実性、責任感などを表します。

天王星
望遠鏡の開発により1781年に発見された天体です。個性や発見、自由などを意味し、ハプニングを運ぶ星でもあります。

海王星
ガスで覆われた星です。夢や理想、 直観力や曖昧なものを意味します。

冥王星
残念ながら惑星から降格しましたが、占星術では引き続き惑星扱いです。核爆弾のような破壊力を持ち、再生を促します。


下の記号は天体ではなくポイントなのですが、これも占星術では重要な役者です。

アセンダント
出生図で左側に位置する東の地平線です。ルックスやしぐさ、行動の仕方などに影響を及ぼします。

メディウムコエリ(エムシー)
出生図で上に位置する南のポイントです。社会での成功や、天職などを示します。

ドラゴンヘッド
ノースノード、龍頭とも言われる、月が黄道を上に横切る昇交点です。良縁や良い過去世と関係があります。

ドラゴンテイル
ドラゴンヘッドとは逆に月が黄道を下に横切った降交点で、サウスノード、龍尾ともいいます。悪縁や悪い過去世と関係があります。

リリス
3種類ほどリリスと名のつくものがありますが、私が使っているのは月の遠点地のほうです。性的なものや因縁などを表しています。

↑戻る

座相について

天体と天体同士がを結ぶ線

天体と天体同士は、90度や120度、あるいは正反対の180度といった角度を取ります。 これを座相といい、天体同士が線を結ぶことで天体同士がさらに意味を増し、地球に住む私たちに影響を及ぼします。

松田さんの出生図を例に取ると赤い線と青い線がありますが、これがその線です。
赤い線は天体同士仲の悪く、天体の持つ悪い面が出やすい傾向がありますが、青い線は天体同士が調和な関係を保つため、いい影響を与えます。

例えば、月という無意識の天体と、海王星という夢と幻想を意味する天体が対宮(180度)で赤い線で結ばれています。
この解釈としてはよく言えば「クリエイティブな才能の持ち主」、悪く言えば「夢見がちな性格の持ち主」となります。

また、火星と木星と水星のように、近い位置に天体が並ぶ場合もあります。
これは非常に影響力が強く、良い影響も悪い影響も出る、混合となります。
解釈としては、火星は闘争力、木星は拡大、水星は文書やコミュニケーションですから、 「法律的な問題が出やすい」「話術があり、特に仕事でこれを生かす才能がある」とみます。
また、火星は男性を示しますから「タイプの男性は社会的な地位のある人が好き。 年齢的でいえば、上でも若くてもオールマイティ。また、水瓶座にこれらがあるので、頭が良く個性的な人が好み。 縁がある場所は6ハウス。ここは仕事の部屋だから、仕事の関係者や仕事のサポートをしてくれる人」と解釈できます。

では「赤い線しかない人は悪い人なの?」といった疑問を生じる人もいるでしょう。
こういう方は、波乱万丈の人生を歩んでいる方が多いです。 そういう人に実際お会いしますと、そういう人生を歩んでいるだけに経験豊富で、魅力的な方が多いです。
星がその人に休む暇を与えないので、無意識のうちに本人も、エネルギッシュな生き方を選択し、それを解決していくのでしょう。

逆に、青い線ばかりの人は? といいますと、運は非常に良いのですが、無意識に運によりかかる人が多いようです。
このため、少しでもでもアクシデントが起こると、行き場を失い、悪い方へと流されてしまいがちです。


生まれたばかりの子供が、病気をすることで抵抗力がついていき丈夫になっていくように、 私たちもアクシデントを経験していくことで、精神的な強さを身につけていき、アクシデントや逆風に強い強運体質を手に入れていくのです。
だから、悪いことが起きても恐れないで、それを解決していくことが大切ですし、自身の魂も磨かれ、運も向上していくのです。

あなたはひとりで生きているのではなく、宇宙の向こうからあなたにエネルギーを送り、いつもあなたをサポートしているのです。
明日からも、星と共に人生を歩んでいきましょう!

↑戻る

このHPはリンクフリーです。リンクは http://spdt.jp/ にお願いします。
このHPに記載された内容の全部、または一部を許可なく、複製・転載・販売・デ−タの二次加工使用、その他の一切の使用を禁止します。
Copyright (C) Starlight fortune. All Rights Reserved.

ホームページテンプレートのpondt